お祭りと屋台と私

7/24.25は大阪の天神祭り

会社のビルからも花火が見える。

しかし、こちらのビルが高すぎで、花火を見下ろす形になってしまう。

上から見る花火ほどつまらないものはないだろう。一度会社から見て

あれは、下から見上げて音と共に楽しむものだとつくづく思った。



c0027701_11243780.jpg



祭りには屋台がつきもの。

天神橋筋商店街の中も、天満宮さんの周辺も屋台でいっぱいになる。

それを眺めながら歩くだけでも楽しい。


c0027701_1142286.jpg







7/23はイベントに出演で、早い時間からの集合。そして、イベント参加。

撤収作業。打ち上げ。と続いてかなり疲れていたので

今年の天神祭りは近くを通って、雰囲気を楽しむだけにしようと思って、おとなしく

早く帰り、お風呂にも入り夕食も済ませ、寝るだけの体制になっていた。

しかし・・・・・ その脳裏に浮かんだのが「たまごせん」


実は、数年前までタコせんの存在すら知らなかった私・・・・・。

メイクアップアーティストのmakkyに大阪で教えて貰ってからタコせんの大ファンになった。


昨年の天神祭りで、タコせんを探している途中にたまごせんを見つけて、購入してから

そのジャンクな味の大ファンになってしまった。

おせんべいの上にソースを塗って、天カスを散らし。

目玉焼きを乗せて、マヨネーズを絞る。

このソースとマヨネーズと天カスの混ざり具合がなんといえない味を作り出す。

c0027701_11275044.jpg



その「たまごせん」が食べたい!!!

一度、そう思ってしまうともうダメ。

頭の中は「たまごせん」一色に染まってしうし、口の中が「たまごせん」になってしまう。

しばらくは我慢した。

今、ここであれを食べると何カロリーになるんだ!? 我慢我慢!

ひたすら自分に言い聞かせた。




だけど・・・・・・・・・ やっぱりダメ!!

たまごせんが食べたい!! という欲望にはカロリー計算も敵わなかった。 (笑)

もう屋台も終い始める時間。あわてて、ジーンズに着替えて商店街に行く。

昨年と同じ場所に向かう。

あった!!! やっぱり、昨年と同じ場所に出店していた。

しかし、片付けかけている。

おばちゃんに「もう終わり?」と聞くと、「何枚?」と一見やる気なさそうなおばちゃんが尋ねる。

「一枚!」勢い込んで答える私に

横にいたギャル系おねーちゃんが、せんべいを取り出して、鉄板の上に残っていた

目玉焼きで手早く作ってくれた。


小さい頃は、りんご飴も全然買ってもらえず、唯一お許しがあったのは「綿菓子」だけだった。

大人になってから初めて食べたりんご飴は想像を絶する味で、多分もう二度と食べる事はないけれど

たったの300円でこんなに私を幸せな気分にしてくれる「たまごせん」って凄い!


あ~~~~~~~ だから ジャンク・フードは止めらないんだよなぁ・・・・・・・ 
[PR]
by sarah000329 | 2011-07-26 11:52 | 徒然なるままに・・・
<< 六甲の風 京伏水・サウンド&アートカフェ... >>