嫌いな課題曲

「嫌いな課題」               2002/2/5

「夢の中に君がいる」はどうしても好きになれない。歌詞自体に共感

できないのだから、これはもう仕方ない。そうなると不思議なもので

メロディーを聞いても、何をしても体が「いやだ」と反応してしまう。そう

なると練習にならない。歌っていて自分がいやだと思うのだから、聞

いている方はきっともっと「いや」だろう。「ごめんなさい」と可愛く歌え

ない。私が歌うとその部分がどうしてもご詠歌のように聞こえる。もし

かして、私って実はとっても頑固な性格だったのだろうか?なぜ、

「ごめんなさい」と素直に可愛く言えないのだろう。その気持ちは先

生にも伝わったようで、

「はい。この課題はそろそろ終って、次の曲にいこうか。」と早々に切

り上げてくれた。

一安心!!
 
安心したのもつかの間で、先生が次の課題を探し始める。

「君には何がいいんかな・・・」

つぶやきながら先生が譜面を色々と探している。

あ・・・そうだった。イヤな課題は終っても、まだレッスンは続くんだ。

次にもらった課題は「昔の歌」という曲だった。今回も先生が、

「君も自分の楽譜がいるかな?」と聞いたが、まったく何もわかって

いない私は、「結構です。楽譜があっても譜面が読めないので」と、

その部分を軽く、軽く流してしまったのである。

(譜面というのは、各々が必ず持っている。本に載ってる楽譜のキー

が自分に合うとは限らないので、歌手は、自分の音域にあったもの

に書き直している。また、自分用にアレンジを加えてる人もいる。

スピードや表現方法なども、いつも同じピアニストに伴奏してもらえる

とは限らないので、譜面の中にわかりやすく指示をしておくのは大切

。自分だけのオリジナルの譜面は歌手にとっては宝物である。)今か

ら考えると、よくこんな事を言ってたなと自分でも恐ろしくなる。しかし

、これがどういう意味かわからないほどに、当時は本当に無知だった

。そんな私が今は人前で歌っているのだから、

人生はまったく何が起こるかわからない。
[PR]
by sarah000329 | 2002-02-05 14:04 | デビューするまで | Comments(0)
<< 「昔の歌」の練習が始まる。 感情表現? >>