c0027701_11221052.jpg





海を眺めていると


どこからか一羽のトンビがやってきた。






空の領域はこんなに広い


そんなせせこましい地面の隅っこで何をしてるんだ


いわんばかりに  大きな羽をはばたかせ


自由に自由に旋回を続ける







c0027701_11231533.jpg











c0027701_103539100.jpg




トンビはひときわ大きく羽ばたいて

やがて水平線に消えていった

















                    鏡の中のつばめ



            あの空の彼方から 帰りくる つばめよ
            灰色の翼を 沈みゆく日がとらえる
            よみがえる想いは 夕映えの海に
            帰らぬ若き日の 幻をつれてくる


            夢を愛し ただ夢を追い 夢をなくし 気付いた時
            歩きゆく その足元から 乾きゆく 二人の日々
            砂になり あとかたもなく 消え去った 孤独の愛
            二度と戻れない 失われた月日
            輝く愛 すべて夢


            暗い海をさまよう 盲目のつばめよ
            黒い夜の鏡が 映し出す 哀しみ


            無限の彼方から 飛んできた つばめよ
            そして今なつかしい あの空へ帰ってゆく


            無限の彼方から 飛んできたつばめよ
            そして今私も あの空へ帰ってゆこう
[PR]
by sarah000329 | 2008-07-25 13:36 | 徒然なるままに・・・ | Comments(2)
Commented by erialie at 2008-07-25 21:05
トンビに、かまってもらうには、エサを差し出すのがよろしいかと^^。
Commented by sarah000329 at 2008-07-26 00:55
☆erialie様>うぐぐぐぐぐ・・・やっぱり、賄賂を渡すしかありませんか。
しまったーーーーーー! 笑
<< LIVE あなたがいれば >>