「ほっ」と。キャンペーン

ROSE

私をバラに譬えるとしたら 私のイメージは どんな色?




あなたが 選んでくれたのは



普段、ノーメイクでまったく飾らないし、

ジーンズにも合うだろうってことで、

自然なベージュにオレンジ入ったものだった。




え~? え~?



可愛い ピンクとかぁ

可憐な 黄色とかぁ

清楚な 白とかぁ

情熱的な 真っ赤だとか

神秘的な 紫とか       ・・・・・・・・・・・・・・・   じゃないの?




ベージュなの??






なんだかなぁ。。。。。。


     なんだかなぁ。。。。。。



             なんだかなぁ。。。。。。。。










そんな私に


ライブが終わった時に くれた花束



ベージュって とってもキレイだったんだね。。。。。。。。。  






c0027701_9425181.jpg






ありがとう。


いつまでも ナチュラルでいれるように

私らしくいれるように 頑張る。 笑










たとえば愛は 川のように

身をまかせ 流されるもの

たとえば 愛は ナイフのように

傷つき痛みうずくもの

あなたがいつか 私の心に

植えつけた種を育て

輝くような花を咲かせる

それが 私の愛




そして心は 傷つくのをおそれ

真実をしろうとしない

夢見ることに 目覚めをおそれ

勇気をためそうともしない

手にいれた 安全な自由は 何も与えはしない

熱くゆれた 魂の炎は

消え行くときを待つだけ



心に雪が 降り積もり

さびしさに震える夜は

もう二度と温かな処へ

帰れない そう思う

そんな時 思い出すよの厳しい冬のあとは

まぶしい光と愛を受けて

春にはバラがさくのと
[PR]
by sarah000329 | 2001-08-17 09:43 | 歌詞 | Comments(4)
Commented by summerbunny at 2008-10-17 11:51
うわあ、柔らかくてきれいな色! 秋らしいアレンジになっていて素敵ですね。
素のままでゴージャスな女性のイメージですねぇ。
いいなぁバラの花束。。。
Commented by urara51m at 2008-10-19 18:15
この「ROSE」はベッド・ミドラーが映画「ROSE」でジャニス・ジョブリンの最期の場面で歌っていましたね。
あの当時は意味もよくわからなかったけれど
今はその歌詞が心に突き刺さるのです。
まさにROSEです。

そんな棘の痛みもsarahさんのその色で
引いていきそうな、そんな気がします。


Commented by sarah000329 at 2008-10-19 19:48
☆summerbunny様>女性は花束を貰うと純粋にうれしいですよね。
でも、、、遠征で行っているライブの時には、そのままの状態で持って帰れない
事が多いのでちょっと残念です。
Commented by sarah000329 at 2008-10-19 19:49
☆ urara51m様>そうです。その映画の主題歌の「THE ROSE」です。
あの映画が大好きで。この歌が大好きで。いつか歌いたいと思っていたら
私の前にこの歌詞が現れてくれました。

私は聞いて下さるお客様の心に歌でバラを届けたいと
いつも思います。
<< Open your eyes 鬼さんこちら >>