「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:音楽( 15 )

Youtube  街角のアヴェマリア

Youtubeになんとか頑張ってアップしてみました。 しようとしたけど

何回もエラーになって出来ませんでした。。。。

なんで・・・・・・・?

あと、少しのところまでくるのに   そこでいきなりエラー!!


もう いやだあああああああああ!!






街角のアヴェマリア

この曲にはちょっとした逸話があります。


新春シャンソンショー
[PR]
by sarah000329 | 2011-04-27 17:05 | 音楽 | Comments(7)

翳り行く部屋

c0027701_13354529.jpg










翳り行く部屋

More
[PR]
by sarah000329 | 2010-01-29 11:41 | 音楽 | Comments(23)

ライブ後

一つのライブが終わると ほっとすると同時にかなりの自己嫌悪に陥る

なんであんな歌い方をしてしまったんだろう、、、、とか・・・・・・・

なんで、歌詞を忘れてしまったんだろう、、、、、、、とか・・・・・・・

家に帰って布団にもぐって、その失敗や自分が納得できない事を

一つ一つ思い出すたびに「あ”-----------!!」と大声を上げたくなる。


こんな話を私からいつも聞かされている人に

「また・・・?」といわれてしまったが、

この「また・・・?」は、歌を歌う限りきっとつきまとうと思っている。



たとえ自分の全てを出し切った満足感がある時でさえ、録音を聞いて顎が床に落ちるくらい

愕然とするものだ。

でも、後悔・自己嫌悪がなくなれば、次には進めなくなってしまうと思う。

この後悔があるからこそ、「絶対次は!」と思ってまたレッスンに頑張れる。

後悔と自己嫌悪は自分の原動力かもしれない




きっと一生自分との戦いなんだろうなぁ。。。。。。。。。。

More
[PR]
by sarah000329 | 2008-04-17 10:06 | 音楽 | Comments(18)

2006年最後の東京ライブ!

12月16日(土)
新橋において、今年最後の東京ライブをいたします。


詳細決まりました!!




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






◆ 日時: 12/16(土) 開場 午後2時   開演 午後3時
 
◆ 会場 : ミュージックスポット燈門(ともん)
   http://www.tomong.net/
  東京都港区新橋3-14-4 豊島ビルB1
  (JR地下鉄新橋駅烏森口より徒歩2分柳通り面)
   電話番号:03-3438-0375


◆ ピアニスト    板橋綾子(いたばしあやこ)

  ヴァイオリニスト 笠原洋子(かさはらようこ)
  
  ギタリスト     堀尾和孝(ほりおかずたか)
  
[PR]
by sarah000329 | 2006-11-28 11:49 | 音楽 | Comments(10)

心に響いた事・・・・。

先日のライブの時に一番後ろの席で泣いていた女性がいた。

ピアノの音が鳴り始めたとたん涙が止まらなくなった。

そして、歌を聴いて20年前にこの店に来ていた頃を思い出し、懐かしくてたまらくなり

胸に込み上げるものを抑えきれなくなって、おお泣きしてしまったと彼女は後で話してくれた。

彼女が想い出にひたるお手伝いが、音楽で・歌で出来たのならとても嬉しいことだと思う。

生の音楽には色んなパワーがある。

そして、そこに聞き手のいろんな感情が溶け込む。

聞き手は歌から力をもらえるといい・・・・ 歌い手は、その観客からまた反対に

うたい続けるパワーを貰う。

ライブではそうした相互の言葉なしでのやり取りが生まれ、それが心に響くものを生み出す

歌っていてよかった・・・・ こんな時は本当に思う。







c0027701_1730491.jpg
c0027701_173179.jpg


More
[PR]
by sarah000329 | 2005-04-19 17:34 | 音楽 | Comments(49)

三寒四温

一雨ごとに

c0027701_16124652.jpg



                一雨ごとに春がくる。

                       三寒四温をくぐりぬけ

                             いつの間にか春は来る。






c0027701_16143341.jpg

三寒四温・・・・音楽の響きのような言葉
五線譜に置いてみたら、どんな音になるのだろう・・・
ド♪ レ♪ ミ♪ ソ♪ シ♪ レ♪~ 

春の音はすぐそこに聞こえてる。

More
[PR]
by sarah000329 | 2005-03-18 15:39 | 音楽 | Comments(52)

ファドの月田秀子さん

ファドの月田秀子さん、彼女が歌うとポルトガルの海が見えるような気がする・・・
潮騒にまじり流れてくる魚のにおい・・人々が集まる店の騒がしさ
彼女はアマリア・ロドリゲスから「嫉妬された」とまで言われた人である。

c0027701_119532.jpg
彼が弾いているのはポルトガルギターです。弦が16本あるそうです。
私のバックも弾いてくれた事がありますが、すばらしい演奏をしてくださる方で
もっとも信頼するミュージシャンの一人です。



c0027701_111172.jpg
そして月田さん・・・・・・ 彼女はマイクを通さず肉声で唄います。
ポルトガル語で唄う彼女の歌にはサウダーデを感じます。






c0027701_11115582.jpgc0027701_1112753.jpg

彼女は歌う
[PR]
by sarah000329 | 2005-02-24 11:14 | 音楽 | Comments(25)

バレンタイン・デー

マフラー
バレンタインデー

昔、昔中世の時代に、古代ローマ皇帝クラウディウス2世の王様が戦争で勝つために
兵士達に心残りがあってはならないと、結婚を禁じたそうです。
しかし、結婚できない恋人達を哀れに思ったセント・バレンタインという司祭が
彼らのために内緒で結婚式を挙げました。
それが、バレンタインの始まりだとも言われています。

バレンタインデーは日本では女性が男性に愛を告白する日だといわれていますが、
海外では男性が女性に花を贈ったり、恋人達が二人でお祝いをする日のようです。

愛し合う二人の間で交わされる言葉はどんなものがあるのでしょう・・・・

シャンソンにはこんな歌があります

聞かせてよ愛の言葉を・・・・
[PR]
by sarah000329 | 2005-02-14 13:03 | 音楽 | Comments(16)

愛しい人との再会

鞄を持った男

あんなに愛していたのに・・いつの間にか自分の傍からいなくなってしまった。。。。
そんな人に再会出来たような気分です。 このCMを覚えている人いますか?
SUNTORY ローヤルのCMだったようです。
・・当時の私には意味はまったく理解できませんでした。けれど、心惹かれるこの不思議な世界
ランボオ編



その詩人は 底知れぬ渇きを抱えて 放浪を繰り返した

限りない無邪気さから生まれた詩

世界中の詩人たちが 青ざめたその頃

彼は砂漠の商人

詩なんかよりうまい酒を などとおっしゃる

永遠の詩人 ランボオ

あんな男 ちょっといない




c0027701_9503180.jpg


そして・・・こちらのCM「ガウディ編」
この黒いマントの男性のエキゾティックな容貌がどんなに好きだったか・・・はっきりいって初恋だったかも・・・笑
「ガウディ編」(you tube)



BGMに流れていたのは「マーク・ゴールデンバーグ」
「剣と女王」 「鞄を持った男」です。
[PR]
by sarah000329 | 2005-02-04 09:59 | 音楽 | Comments(48)

ときめき

来週の火曜日はまたまたライブがある。
私と同じく、新人のMIKIちゃんと一緒だ。
出演者がSARAH MIKIなんて、ローマ字ばっかり
いったい なにじんの出演なのかと思われるかもしれない・・・。

VDも近いし、やっぱり春だから恋の歌だろうか・・・・
かの「石井好子さんも仰っていた。年上の人が好きだったのに、いまや80歳になってしまい
だんだんと年上の人が少なくなってきたのは、とても残念だ。
でも、いつまでもときめいていたい。」と・・・・

やはり、人間ときめきを忘れてはいけないのだろう。

皆さんは、何かにときめいていますか?
c0027701_22585815.jpg

[PR]
by sarah000329 | 2005-02-02 23:00 | 音楽 | Comments(16)