「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:旅行( 22 )

トルコ旅行記 VOLⅢ

c0027701_15331751.jpg


そこから移動した先はトロイの木馬のあるところです。
一月でしたか・・・二月でしたか・・あのブラピの主演の「トロイ」TVで放送してましたが
映画の内容がどうこうというよりも、ブラピの体に見とれておりました。 笑



c0027701_15333022.jpg


ホメロスの詩に残されていたという本来ならとても素晴らしい場所なのでしょうが
木馬はもちろん当時のものではありませんし、シュリーマンが発掘したという
遺跡もそんなに美しく保存されているわけではありません。
ここは別に立ち寄る意味あんまりないのでは・・・・? と、思わずにいられないような場所でした。




c0027701_15334653.jpg


トルコにはいたるところにこうした円形劇場跡が残っています。

ちょっと心惹かれた風景
[PR]
by sarah000329 | 2010-03-03 15:39 | 旅行 | Comments(24)

トルコ

c0027701_13215596.jpg


トルコの港町

鯖定食のランチの後は船で移動。





c0027701_13221122.jpg





c0027701_13222638.jpg

[PR]
by sarah000329 | 2010-02-19 13:24 | 旅行 | Comments(8)

トルコ旅行記 VOLⅡ

c0027701_10182321.jpg




ヘロヘロになった私達が翌朝早朝に出かけてまず着いたのがこのレストラン

なんだかこう書くと、食べ物系のblogのようになってしまうが

まぁ・・・・ これも、「こんなのありかい???」という新鮮な驚きとの遭遇だったので

お付き合い願えればと思う・・・・・・ 笑





c0027701_1049297.jpg


店の外でチャイを飲みながら色んな事を語り合う人々
トルコは男性はこのようにあまり仕事をせずにカフェなどにたむろする事が多いらしい


c0027701_10505053.jpg


トルコチャイ トルコの人はこのチャイが大好き。

紅茶の事なのだが、これが甘い!!

砂糖を別添えでくれるところは自分で調整が出来るのでありがたいが

そうでないところのチャイは滅茶苦茶甘い。

スイーツ系も歯が溶けるんちゃうか?と思うくらい甘かった。

塩鯖定食
[PR]
by sarah000329 | 2010-02-19 13:00 | 旅行 | Comments(14)

トルコ旅行記 VOLⅠ  

年末に行ったトルコ旅行。
その旅行記にやっと着手しようと思う。
もうすでに薄れ掛けた記憶を手繰り寄せながら、どれだけのことが書けるか
はなはだ疑問ではあるけれど・・・・・・。   笑




c0027701_13304941.jpg







まず、いきなり機内食の写真で始まったが
これは、初めて海外旅行に行った人がよくやっている。
初めての機内食に感動し、「写真に納めました~~~~!」と、いうのとは違う意味での
写真である。

では、なんでこの写真かというと・・・・・
[PR]
by sarah000329 | 2010-02-12 14:20 | 旅行 | Comments(22)

象に乗りたい!!【チェンマイ編】

以前タイに行った時に病みつきになってしまった像ライディング

前回は、ほんの15分程度の体験コースだったので

今回私が選んだのは、象に乗って・水牛に乗って・そして筏で川を下ろうという

とても贅沢なツアーだった。

しかも、今回象に乗っている時間はなんと1時間!

象に乗って森の中をトレッキングするのだ。



c0027701_00467.jpg

象との触れ合いコーナーとでも言おうか・・・・。

こんな事もしてくれる。


c0027701_013535.jpg

トレッキング・コースの途中に象へのおやつを売っている売店がある。
そこでサトウキビの枝やバナナをまとめたものが30BTで売られている。
乗せてくれている象へのご褒美なのだが、背中の上でいる私たちがバナナを差し出しているのが
どうしてわかるのか・・・・・
こうしてバナナを差し出すと鼻を後ろに伸ばしてくる。


c0027701_024259.jpg




c0027701_015329.jpg

 


c0027701_0441495.jpg

象の背中から見たジャングル?の風景
女性二人で乗ったからなのか・・・・像使いの人にはさんざんからかわれた。
わざと急な斜面を降りようとしたり、鼻で水をかけられたり
こんな鼻で水をかけられたら、シャワーどころじゃないって・・・ 笑

marikoさんと二人で、まるで絶叫マシーンにでも乗っているかの如く
わーーわーーきゃーきゃーと騒ぎまくった。
同じツアーにいた外国人観光客のご夫妻に「あなた達の事は忘れないわよ」と笑われる始末。

しかし・・・ marikoさんがこんなに面白人だったとは!
最高でした。

帰路は
[PR]
by sarah000329 | 2009-05-17 00:05 | 旅行 | Comments(24)

いよいよチェンマイへ

3.5日間のバンコクを慌しく駆け足で通りすぎた後は
Rちゃんとも別れて、一人でチェンマイに向う。
しかし、チェンマイにはblogを通しておつきあいをするようになったこの方が待っていて下さると
いうことで安心していくことが出来た。

わざわざ空港まで迎えて来てくださるということだった。
どんな方なんだろうと、内心ドキドキしながらもなるべく怖い顔にならないよう笑みを浮かべながら
ゲートを出る。
親族や友人を迎えに来た人達や、手に名前を書いたカードを持ちツアー客を迎えるガイドさん達が
沢山いる。皆、それぞれの相手を見つけては満面の笑みを浮かべながら去っていく。

でも、なんとなくmarikoさんらしき人はいないような気がする。
カートを押したまま、キョロキョロ・キョトキョトする私。
日本人らしき人を見つけては、回り込んでその人の顔を確認しに行く。
かなり挙動不審かも・・・・。

しかし・・・・・・どうもそれらしき人はいない。


お互いの写真をちゃん交換したわけでもなく、blogにかるぅ~く載っているのを見ただけ
形態電話の番号も聞いていなけりゃ、今回marikoさんが取って下さった
チェンマイのホテルの住所のちゃんと聞いていなかった事に気づきしばし愕然。
あららららららららららら・・・・・ このまま、空港で会えなけりゃどうすりゃいい??

Arrivalゲート周辺からは人はどんどんいなくなる。
しかし、やはりそれらしき人はいない。

ポツーーーーーン!

きゃーーー。やばい! やばすぎるんではありませんか??

思い切ってゲートを出て、空港の外に出てみたがそこはもうタクシーやバス乗り場に
なっていて、色んな人が乗り物の到着を待っている。
ここにもいそうにない。
やはり、中で待った方がいいのかも・・・と、思い今出て来たドアから空港内に戻ろうとするが
警備員に呼び止められ、ここは出口専用で中には入れないので
入り口から空港内へは入れと説明される

空港への入り口は出口から離れた所にあるじゃないか・・・。
とほほほ・・・ と思いながらもカートを押し押し歩き始める。
その時、前から歩いて来た女性が目に入る。

お互いにしばし歩を止め見詰め合う。
そこには写真で見たよりも、数倍cuteな女性が立っていた。
「もしかしてSARAHさん?」「marikoさんですか?」と声を掛け合う。
あーーーーーーーーー! やっと出会えた!!


チェンマイの空港はArrivalゲート案内が表示されているにも関わらず
急に変更になる事が度々あり、今回もそれで違うゲートの前で
ずっと待っていて下さったらしい。

よかった!! 出会えた!
marikoさんの携帯も、ホテルの詳細も知らない状態でかなり私は内心びびっていたので
marikoさんに出会えただけで天国に戻ったような・地獄で仏とはこの事かという気分になる。



でも・・・・・ 私は一生忘れません。
「会う前にblogのハイキング・ウォーキングの記事見ておいて良かったわ~。
あれ、見てなかったら絶対分からなかったと思うの」と言ったmarikoさんの言葉・・・・・・・ 

やっぱり似てるんかい!!!!! 爆!


c0027701_11484413.jpg

こんなカラフルスィーツも売ってます。
でも、こちらで朝食を食べたときに飲んだオレンジジュースが恐ろしく甘かった記憶があり
スィーツなら、その何倍も甘いのではと・・・・ 恐怖が頭を過ぎり
さすがに手を出せませんでした。 笑

ほんま・・・・ 甘いです。  歯溶けるんちゃうかと思うくらい・・・・。 笑

こちらで見かけるペットボトル。日本茶のおなじみのペットボトルも沢山あります。
ただし、気をつけないと全部砂糖入り。
No Sugarの表示がないものは間違いなく大甘です。

夜に連れて貰ったSunday Market
[PR]
by sarah000329 | 2009-05-15 11:48 | 旅行 | Comments(12)

アユタヤのライトアップ【バンコク】

c0027701_9525068.jpg



バンコクで一番見たかったのがこのアユタヤのライトアップ

前回に訪れた時は川を使ってクルージングでアユタヤを訪れるツアーだったが、ライトアップは見なかった。
c0027701_17275962.jpg


菩提樹の根に包まれて眠る釈迦の頭部

ここは戦場になったらしく、焼き払われて多くの仏像の首から上が無くなっていた。

根に抱かれたまま・・・長い歴史を送ってきた釈迦像

今は何を思うのだろう



c0027701_0442272.jpg




c0027701_11133112.jpg


夕闇がせまりいよいよ
[PR]
by sarah000329 | 2009-05-14 09:56 | 旅行 | Comments(22)

バンコク郊外へ

3日目はアユタヤのライトアップを見に行く。
日本人街や色々な遺跡を辿りながら移動する。

c0027701_13101180.jpg

寝釈迦
子供たちは地元の子
どこに行ってもタイの人達は熱心な仏教信奉者で
親と一緒に花等の供物を持ってお参りにやってくる。
幼い頃から、こうして仏に祈るという事を自然に学んでいくようだ。




c0027701_13102868.jpg





c0027701_13105450.jpg

仏像の近くには必ず、こうした花等のお供え物やお土産物の店がある。


c0027701_13111397.jpg

ゆったりと通りずぎる物売りの自転車。
空気の流れまでゆったりとしていて、思い切り深呼吸がしたくなる。
この辺りはバンコクと違い、車の渋滞もないし
空気も澄んでいる。
この付近の人達の移動手段は自転車が多いようだ。
[PR]
by sarah000329 | 2009-05-12 13:21 | 旅行 | Comments(18)

水上マーケット【バンコク】

c0027701_15373933.jpg


バンコクに到着して二日目

この日は午前中半日のツアーに申し込んで、バンコクの水上マーケットへ行く

エンジンの付いたボートで移動していくが、後ろの方の席に座ると

水しぶきがモロにかかりずぶ濡れになる恐れがある。

タイは暑いし、空気も日本に比べて乾燥しているから風邪を引くような事はなく乾くが

川の水が衛生的かどうかという点で・・・・ やはり、この水を被るのは躊躇してしまう。



c0027701_15382739.jpg


小さい水路に入っていくと、そこでエンジン付きのボートから手漕ぎのボートへと乗り換える

行きかうボートに色々な商品を載せた売り子が声高く呼び込みをしている

なんとも活気のある風景


c0027701_15351366.jpg

商品を載せたボートの他にも、沢山の商店が水路の両側に並ぶ。


c0027701_15355421.jpg

果物をカットしたものを積んだ船。



タイでも外国人観光客料金というのがあるので、いかほどに値切るかというのが

腕の見せ所だそうだ。

まずは半額辺りから?

本当にダメな時は相手をしてくれなくなる。

買って欲しい時はかなり値段を下げても食い下がってくるので、そのやり取りが楽しい。

日本ではなかなか出来ない事だ。






c0027701_15362172.jpg


More
[PR]
by sarah000329 | 2009-05-11 15:52 | 旅行 | Comments(23)

微笑みの国

微笑みの国 THAI に行ってきました。

c0027701_14264058.jpg


c0027701_1413977.jpg



c0027701_14215360.jpg








そこは極彩色の国



あらゆる意味で熱い国


人々の心も篤く

全ての人が必ず別れる時に合掌して「ありがとう」と

微笑んでくれる。


そんな素敵な国

More
[PR]
by sarah000329 | 2009-05-10 01:18 | 旅行 | Comments(42)