<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

雨降り

c0027701_9225158.jpg




雨が車のヘッドライトを滲ませる

車道の上にその滲んだ輝きが写る



この季節の雨はきらい

とても冷たくて

指先だけでなく 心の中まで冷やしてしまいそうだから






どんな傘をさしたって

よけきれないものってあるんだ
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-30 09:23 | 徒然なるままに・・・

秋の京都そぞろ歩き-2

お彼岸の日に午前中お参りを済ませて、午後から久々に

京都の街中をブラブラと散歩してみた。

夷川通りは家具やさんが沢山ある。

昔から残る店の佇まいや・・・ 

新しく改装されてしまってすっかり現代風になってしまった店や

色んな表情のものがこの辺りにはたくさんある。


c0027701_179688.jpg















c0027701_1793194.jpg











c0027701_1795712.jpg

そして・・・・・・
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-25 17:26 | 徒然なるままに・・・

痛み・・・・・・・・・



痛みを感じることが多くなったような気がする。。。。。。





若いときには、あまりにも感受性が強すぎて


生きていくのもつらい事が多かった


年を重ねれば、だんだん物を見なくなったり


感じないふりを出来るようになると思っていたのに






なぜか・・・・年々感じる痛みは増すばかり



そして・・・ 年々 背負う物も増すばかり




いい加減、いらない物は捨ててシンプルに生きなくてはと思う




c0027701_20265849.jpg




作品:マンレイ ガラスの涙
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-23 16:06 | 歌詞

携帯電話

最近、携帯電話を家に忘れて外出してしまう事が多い。

夜中に枕元に置き、充電をして朝起きた時に

キッチンのテーブルの上まで持って移動する。ここまでは必ずする。


だが、時間が迫ってバタバタしている時にはそこからバッグに仕舞うという行動を忘れるようだ・・・・・

家を出て、電車に間に合うか時間を確認しようとして、携帯を忘れた事に気づく。

あ~~~~~~あ~~~~~~。と、思うものの取りに引き返す時間はない。



何もない日なら、ただ携帯がなくて不便だなと思うくらいですむのだが

約束が入っていた日等には変更の連絡が入ってはいないだろうかと・・・心配になってしまう。



しかし、何もない日でも携帯がないとやはり不便は不便なわけで

携帯を持つようになって腕時計をしなくなったので、移動時等の時間の確認がし辛いとか

アドレス帳なるものも持たなくなったので、連絡したい相手の電話なりメアドが分からない。

ライブやレッスン等の関係・その多至急の連絡が入ってはいないだろうかとか 不安である。






しかし・・・・・・・・・・・・・




どんな連絡が入っているんだろうと

ドキドキしながら帰った日に限って

メールも電話もまったくないという事もあり

それはそれで 安心するものの・・・・・・ 一抹の寂しさも感じる。 笑








秋だわ・・・・・・・・・・    人生が・・・・・・・・・・・・ 笑



だんだん 一つ事しか出来なくなっていく自分に気づいて 黄昏を感じます。
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-22 17:04 | 近頃の私

一人旅


c0027701_16301389.jpg



シティリビングを読んでいると日帰りバス旅行・・・一泊お手軽バス旅行なるものの
案内がたくさんあった。

目を通している間に、なんとなく旅に出たくなった。


しかし・・・国内の一人旅は苦手である。


なぜか・・・・孤独を一層感じてしまうから。




そういえば、国内で完全な一人旅をした経験がない!
行き先に友人がいて、そこに泊めて貰ったり
行き先で違う場所から来た友人と合流したり・・・
海外は結構一人で気が向いたらフラリと出かけてしまうのに

なぜか・・・ 国内ではない・・・・。



海外旅行はバックパッカー等一人旅の人も多いし、ユースホステル等を利用すれば
ルームメイトが出来て、翌日一緒に観光や情報の交換なんか出来るし
飛行機の中で知り合った人と、一緒に観光したこともある。
旅行者同士が仲良くなりやすいような気がするのだが・・・・


しかし・・・ 国内はなぜか一人旅の人をあまり見かけないような気がする
しかも一人でいると、なまじ言葉が分かるだけに余計に孤独を感じてしまう。

この年齢の女性が一人というのが特に肩身が狭いのかもしれない
自殺のための旅行と間違われる恐れもある。   笑





今日、一日見たことや食べ物の写真等を見せ合ったりして
会話が出来る相手が欲しい。
日中は別々の行動でも構わない。
しかし・・・ 夕食が一緒とか お風呂上りにちょいとアルコール片手に色んな話を
なんてことをする相手が欲しい。

・・・・・・・・・・・・・そう思ってしまう。





しかし、そろそろ一人旅を経験するのもいいかもしれない・・・・・




これから紅葉もきれいだし・・・ 食べるものは美味しくなるし・・・・

広告相手に旅をじっくり考えようと思う。




いや・・・ やっぱり 誰か友人の所を訪ねる旅になるかな。
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-19 16:39 | 徒然なるままに・・・

京都美味しい物・・・・

c0027701_2323832.jpg




京都に来る観光客の方への一押しのお店を紹介します。

他府県の友人を沢山つれてきましたが、卵アレルギーがある人と

漬物が嫌いという人以外には大受けでした。 笑

そう・・・・一度 うっかりと卵アレルギーの人を連れて来てしまったんです。


京都といえば・・・・ 漬物


漬物といえば・・・・ お茶漬け


ここはお茶漬けがとても美味しいお店です。



c0027701_2325969.jpg


店の中は格子が見えて、本当に京都らしい佇まいです。

十二段屋
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-16 23:14 | 食いしん坊

ライブが終わって

c0027701_0553285.jpg



ライブが続いて歌手の方達との交流や


ミュージシャンの方々に囲まれた時間が続くと


本当の自分はどっちなんだろう・・・・・・・・・・


と、ふと思う時がある。




スポットライトの中に立ち

自分の心を伝え 観客と心一つになる

そんな華やかな時の心の高揚感

それも・・・・・・もちろん 私  





ライブが終わって





衣装を脱いで

メイクを落として

普段の私に戻り



部屋に帰り着くのは

ホットしてとても心落ち着く時でもあり

とても寂しさを感じる瞬間でもある




誰もが色んな顔を持っているのだろうけど・・・・・・・・・・・。


自分の本当の居場所って何なんだろう・・・・・
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-15 23:44 | 徒然なるままに・・・

秋の京都 sanpo

c0027701_23411493.jpg


日本で一番人気のある旅先は京都だそうです。

住んでいるとそれほどの良さは感じません。。。。

行楽シーズンはどこにいっても混んでるとか・・・物価が高いとか

住み辛いことを上げる事の方が多いくらいです。

お店だって・・・あんまり知りません。

旅行者の人の方が絶対詳しいと思います。


なので・・・・・・・・・・

この秋は、遊びにくる友人と一緒に清水寺のライトアップを見に行こうと思っています。


伏見の酒蔵

どっしりとした佇まいがなんともいえない風情です。




c0027701_23474928.jpg





伏見稲荷の鳥居

赤いトンネルがどこまでも続きます

まるで・・・・ 母の胎内に戻っていくかのような・・・・・・

まったく違う空間に繋がっているような・・・・

不思議な思いに捉われる場所。

この鳥居をくぐった多くの人は


どんな思いを抱いて山に登ってんだろう・・・・・・・・





閉所恐怖症の私には、ちょっと辛い場所でもあります。

入り口を入る時に軽く呼吸が苦しくなります。

これは、ダイビングの体験を水深がとても深いプールでした時の感覚に

とても似ていました。

お京阪乗る人
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-11 23:51 | 徒然なるままに・・・

あなたへ・・・・・・・・・

あなたと初めて出会ったのは
クリスマス・パーティーの夜だった
合コンなんて学生時代にも一回しか行ったことが
なかったけど・・・ちょっと ドキドキしながら
一番好きな白いワンピースを着て行った。

受付にいたあなたは 私の顔をじっと見ていたけど
私はそれが好意には感じられずに
何かおかしかったのかと、後で鏡で確認したのよ

楽しい時が過ぎていき、初めて会ったばかりなのに
自慢のスポーツカーで神戸から京都まで送ってくれた
お酒のせいで、半分は大胆に・・・ そして半分は眠ってた私を
あなたは紳士らしくちゃんと家まで届けて帰っていった


お正月にいきなり 家に招待されてお母様に紹介された。
お母様が気を遣って取ってくれたお寿司
実は、ワサビが苦手な私はほとんど食べられなくて
あなたが私の分も食べてくれた
あなたが作った曲を聞かせてもらって
あなたの夢を聞くのが楽しかった


それから すぐに入院生活が始まった・・・・・・
お見舞いに持って行ったお花が枯れてしまっても
いつまでも 捨てないでって枕元に飾っておいてくれたなんて
全然気がつかなかった


私・・・ どうして もっと素直になれなかったんだろう
もっともっと 会いに行けばよかった
まさか あなたがいなくなってしまうなんて思ってもみなかった

出会って半年なんて 短すぎる

報せを受けた電話の後で・・・
一生分と思えるくらい泣いた
悲しい涙と・・・・・・ 後悔の涙・・・・・・・・



あれから 歌と出会って私が音楽の道に入ってしまった
今は人の前で歌を歌ってる
あなたが愛した音楽の道を私が歩いている
あなたが追いかけていた夢とは違うけれど
私の希望を見つけたの

沢山の人の前で歌う時に
客席にあなたがいつもいてくれるような気がする
私の心は伝わるかしら
あなたは ちゃんと聞いていてくれてるかしら




若い時は一瞬で過ぎて行くのは早いもので
写真の中のあなたはいつまでも変わらないのに・・・・・

いつかあなたの二倍の年齢になった時も
こうしてステージで歌っていたい


あなたへの想いを口には出来なかったけど
今は それを歌で伝えてる
あなたには届いているかしら
そして・・・・ 私を見てくれているかしら



いつか再び会う日ために・・・・・ 私は歌いたい
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-10 10:58 | 徒然なるままに・・・

私の声・・・・・・・・・・・・

c0027701_14482819.jpg



私の声は




誰かの心に響くことがあるだろうか




誰かの魂をゆさぶることがあるだろうか・・・・・・




誰かを幸せにすることが出来るだろうか・・・・・・・

素晴らしいステージ
[PR]
by sarah000329 | 2008-09-08 14:48 | 徒然なるままに・・・