人気ブログランキング |

ジンジャー その4

c0027701_1852553.jpg



金曜日のPM8:30頃病院から電話があり「今から手術に入ります」

それからは時計を何度見たことか・・・・・・

遅々として時間は進まず・・・。

しかし、PM10:30頃についに病院から電話が!!

「手術無事に終わり、臓器は全てキレイに元に戻しました。麻酔からも覚醒したので

明日面会に来て下さい」

ああ・・・ 神様  ありがとうございます!!

一緒に心配してくださった方、応援して下さった方

ジンジャーは無事に生還しました。ありがとうございます








土曜日の午前中に面会に行く。

高濃度酸素が供給されているケージの中でジンジャーぐったりしているかと思いきや・・・

傷口を舐めないように付けられたエリザベスカラーがイヤで大暴れ。

ケージに激突しては、傷口が傷むのかしばしうずくまり

下に敷いてくれた毛布をガジガジ噛む。

担当の先生が説明してくれた。

「癒着もなく、キレイに臓器は元の位置に全て戻して手術は成功しました。
けれども、エリザベス・カラーを嫌がって暴れるのと、手術が終わって麻酔から醒めた後
痛みでパニックになったので鎮静剤を使いました。
この2.3日がとても大切なので、暴れないで欲しいのですが・・・・
中の傷口が開いてしまうと、また同じような事になってしまうし・・・。」

ジンジャーが暴れるたびに先生と私は青くなっていました。



そして、今日。

午後一番に動物病院から電話が。

もしかしてジンジャーの容態が急変したか!?と思い

焦って電話に出たら、先生開口一番に「ジンジャーちゃん、元気過ぎるんです」

はぁ・・・・・・??

「肺が随分元通りに膨らんで来て、呼吸も安定したので酸素テントから普通のケージに戻しました

そしたら、出せ出せとケージによじ登って暴れるんです。

これ以上、入れておくとストレスが溜まって良くないかと思いますので、出来たら

もう退院して頂いてもいいかと・・・」


エエエエエエエ・・・・・・・・・ そんなに回復したんですか?

手術前は、もしかしたら癒着が酷く命が無くなるかもと山盛り心配させてくれた子が

手術しかたったの三日で退院して下さいと病院に言われるくらいに回復というか・・・ 暴れる??

ジンジャー・・・・・・・ 喜んでいいのか・・・ 悲しむべきなのか。

チャロといいジンジャーといい。

うちに縁のある子はなんでこんなに暴れん坊なんでしょう。 (笑)
by sarah000329 | 2011-11-28 18:19 | ネコ
<< 少しの間のお別れ ジンジャー その3 >>