人気ブログランキング | 話題のタグを見る

同窓会

同窓会_c0027701_17355690.jpg




今年の夏は高校2年生の時の同窓会があった。
一年生は、高校に入学した初めての年なので新鮮で記憶に残る。
三年生は、高校最後の年で、これまた記憶に残る部分もある。
しかし、二年生というのはなんだか微妙なもので、誰が同級生だったのか
かなり曖昧になっていて、名前を言われても誰だか分らなかったり、受付の所で
ばったり出会った出席者から名前を聞いても誰だか思い出せなかったりと
いい加減なものだった。

けれど、幹事さんが持ってきてくれていたクラス写真を見て
記憶がどんどん蘇っていった。
あ~~~~~ ○○君じゃない! (いや、さっき名乗られたし・・・) 
記憶にあるのは、みんな高校生の時のままの姿で
なかなか、それが今の姿とリンクしなかったのが、こうして写真をみることによって
見事にリンクしていく。

大人になってから、苗字で呼ばれたり
「SARAH」という名前で呼ばれたりする事が多くなった。
けれど、ここでは私はあの頃のままの○○という名前だった。
そして、社会的な地位や利害関係やそんなもの一切関係なく
あの頃の自分達に戻れた。

これは、なかなか新鮮な喜びだ。



小学生高学年から高校時代と、複雑な家庭事情もあり
なかなか心を閉ざし気味だった私は大学に入って
家から解放された事もあり
それらの記憶一切を消してしまいたかったのか・・・・・
同級生の皆と交流を絶っていたのを思い出した。

今この年になったから思うのかもしれない。
あの頃の友達ってありがたい。





反面・・・・・・・・・ あの頃の事を思い出して、ちょっと辛くなったりもする自分がいる事に驚く。
もう大丈夫と思っていても、完全に塗り潰される事はないらしい。

どうやら、高校時代の私は今のおっさんの私とはずいぶんと違って繊細だったのかも・・・・ 笑
by sarah000329 | 2013-08-20 17:40 | 徒然なるままに・・・
<< 2013.09.08 WAKA... 2013.09.12 >>