今年最後の故郷ライブ

■■■   11/16(土) 師弟ジョイントLIVE ■■■

c0027701_10421445.jpg

新聞に掲載されました



今年最後の和歌山LIVEだった。

この日は朝から晴天。

昨年の師匠とのこのLIVEの日は大嵐だった。

台風かと思うばかりの大雨・風。 そのせいで来られなかった方もかなり沢山いた。

その日を境に今まで、無類の晴れ女だった私はなぜか雨女にと変わってしまった。


しかし、今年の9月にmiyaさんと一緒にした星の子LIVEを境に

少しづつ晴れ女にと変身しつつあった。

miyaさんの晴れ女パワーをもらったのだろうか?

ありがたい事だ。




晴れ渡る青空の中を和歌山に移動する。

電車の中から海が見える度に、やっぱり和歌山はエエなぁ~~と、ほっこりする。

そして、会場のデサフィナードに到着。

このライブハウスは広くて内装も素敵で気持ちがいい。

ここでするのを楽しみで毎年滋賀県から駆け付けくれる方がいるくらいだ。

c0027701_10243175.jpg



今年は、故郷でのLIVE10年目

そして、師匠をお呼びしてのLIVEが7年目に入った。

東京から毎年、こうしてわざわざ来てくれる師匠がとても有難いと思う。


c0027701_1027257.jpg



この日の師匠は真っ赤なサテンのブラウスに皮のジャケット。

しかし・・・・・・・ 師匠、なんと5日程前にぎっくり腰になってしまったらしく

今回の関西遠征のために、整体に行き。ブロック注射をして、薬を飲んでと 

かなり無理をしてくれていたらしい。

腰に力が入らないと、話していたが本番は、流石!リハーサルの時と全く違う。

素晴らしい歌声だった。

今回はいつも音響を担当して下さっている大塚さんの大好きな「明日」を歌われた。

大塚さんPAをしながら、鼻水をじゅるじゅるすすっていたらしい。

そして、最後は私の高校時代の担任のI 先生が大好きな「哀しみのソレアード」で閉められた。


師匠の大ファンで、いつも来て下さるお客様も、「魂の歌が聞けた!大満足!」と帰っていかれた。




そして、今回は高校時代の友人がご夫妻で来てくれた。

卒業以来、本当に何十年ぶりの再会。

今、この年でまた会っても、いっきにあの頃に戻って話せるって楽しいし、うれしい。


c0027701_1035518.jpg




今回は、このLIVEは初めての夜のLIVEだった。

夜という時間帯が出掛けにくいという方が多くいた中で

こうして、沢山の方に来て頂けた事を感謝します。

そして、デサフィナードのオーナー並びにスタッフの皆様

いつも、私のわがままに付き合ってくれる フォルテの花光さん PAの大塚さん

支えて下さってありがとうございます。


和歌山の温かい応援して下さる皆様に、心から感謝です。















★★ おまけ

第一回目のチラシが出てきたのでアップしてみました。

c0027701_10524217.jpg


懐かしい~~~~!!


この時は今より、もっと緊張でガチガチで死にそうになってたなぁ・・・・・・・・・・。
[PR]
by sarah000329 | 2013-11-21 10:54 | 徒然なるままに・・・
<< 12/7(土) 東京liveのご案内 東京第一日目 >>