人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ライブ後

一つのライブが終わると ほっとすると同時にかなりの自己嫌悪に陥る

なんであんな歌い方をしてしまったんだろう、、、、とか・・・・・・・

なんで、歌詞を忘れてしまったんだろう、、、、、、、とか・・・・・・・

家に帰って布団にもぐって、その失敗や自分が納得できない事を

一つ一つ思い出すたびに「あ”-----------!!」と大声を上げたくなる。


こんな話を私からいつも聞かされている人に

「また・・・?」といわれてしまったが、

この「また・・・?」は、歌を歌う限りきっとつきまとうと思っている。



たとえ自分の全てを出し切った満足感がある時でさえ、録音を聞いて顎が床に落ちるくらい

愕然とするものだ。

でも、後悔・自己嫌悪がなくなれば、次には進めなくなってしまうと思う。

この後悔があるからこそ、「絶対次は!」と思ってまたレッスンに頑張れる。

後悔と自己嫌悪は自分の原動力かもしれない




きっと一生自分との戦いなんだろうなぁ。。。。。。。。。。












加えて昨夜はミュージシャンの方に怒られてしまった。

しかし・・・・・・人を怒るのというのは大変なことだと思う。

怒られる側の人間よりも怒る側の人間の方が数倍も嫌な思いをするのでないだろうか

それを、あえて言って下さるってありがたいことだと思った。

怒られているいる間が花 とは本当だ。

まして、大人になってくると真剣に相手が怒ってくれる機会はぐんと少なくなる。

「これくらいの事が出来て当たり前・これくらいわかって当たり前」という目で

見られるからだ。

この人はこう人だから言っても無駄というレッテルを貼らずに

相手を思う親心で怒ってくれる人は貴重な存在だと思う。






私も、何度言っても同じだと思うと、不快な思いをしながらも

その人には何も言わなくなってしまう。

「言っても無駄な人」にそこまでのエネルギーを費やす必要性を感じなくなる。





いつまでも怒ってもらえる人間でいたいと思う。

 
by sarah000329 | 2008-04-17 10:06 | 音楽
<< 神戸三ノ宮 Jazz Bar 118 Bon anniversaire! >>