人気ブログランキング |







c0027701_8594846.jpg







風を感じる?




風は一箇所には留まらない。


時も同じ


だとしたら無理な抵抗はしないで


流されてみるのもいいじゃない


振り返る度に過去は重くなるからさ















c0027701_932656.jpg

























鼻から胃カメラ


昨日、胃カメラを初体験してきました。

歌を歌っているにもかかわらず、喉がとても弱く

風邪をひきやすいうえに、一旦風邪をひくと咳が止まらなくなる体質の私は

耳鼻科といきつけの内科にお世話になりっぱなしだ。

毎回「先生、ライブが三日後だからこの咳を止めてください」と無理なお願いをしている。

初めは「ええええええ~~」と驚いていた先生も近頃では「はい。で、ライブはいつなの?」

と聞いてくれるくらい私のライブ前の風邪ひきに慣れてしまった。

先日、耳鼻科の先生に「この喉の炎症はどうも胃液が上がって来ているのが原因だと

思うフシがある」といわれて、それを内科の先生に伝えたところ

喉が炎症を起こしているのなら、食道や胃の入り口付近も炎症があるはずだから

大事を取って胃カメラを飲みなさいと言われてしまった。

前日の9時から絶食で水分も駄目だった。

普段から喉乾かし野郎の私にとって、水分を取れないのは拷問に近い。

しかも、お風呂上に水が飲めないとあっては、砂漠で遭難したも同然である。

ひっつく喉をうがいでごまかしてなんとか眠りにつく。


当日・・・先生に説明を受ける。

まれに麻酔でアレルギーを起こす人がいる。
まれに声帯に傷がつく場合がある。後々、治癒するまで声がかすれる。
まれに大量出血をする場合がある。この時は即入院で治療を受ける。


これだけで小心者の私がビビルのには充分である。

医者:「鼻と口とどちらからにしますか?口からよりも鼻の方が少し小さくなってますが」

「しかも、あなたは時間的に急いでいるから、鎮静剤も使えないしねぇ~

その時点で私は迷わず「鼻!!絶対鼻!!鼻でお願いします。」と答えていた。

それから鼻の中にゼリー状の麻酔薬を鼻に投入される。注射器でいれていくのだが

これがまた、超気分が悪い・・・・しかも、薬が粘膜に染みて痛い。

鼻の奥から喉に流れ込んでくると苦いし・・・最悪である。

その状態で順番が来るのを待つ。



検査室と待合室はカーテンで仕切っただけなので、私より一人前の人が検査を受けている声が聞こえる

医者:「はい。喉の細いところ入ります。息を吸って~」

患者さん:げえええええええええええええええ!!!

医者:「はい、リラックス。リラックス。体の力を抜いて~」

患者さん:げええええええええげええええええええげえええええええ!

先生が何を話しかけても、おええ・・・おえええ・・・という返事しか聞こえてこない。

こんなんでエエんか??

そんなに苦しいんか??


体中の血が一気に引く音が聞こえるような気がした・・・・・・・・・

手がつめたくなってくる。

あかんかもしれへん・・・・ やっぱり私には無理かもしれへん・・・・・・・

帰りたい・・・帰りたい・・・帰りたい・・・その思いが膨れ上がる。



そうこうしている間に患者さんが待合室に戻ってきた。

鎮静剤を使っているのでほとんど意識がない状態である。

鎮静剤を使っていて、楽になるはずが「おえおえおえ」なのか!???

握り締めた手に汗だくになる。




そして、ついに名前を呼ばれてしまった。

検査室のベッドに左を下にして横たわる。

本来左が下なので、左の鼻から入れるのだが、私は花粉症になった関係で左の鼻は

毛細血管が切れやすく鼻血がすぐに出てしまうので、右の鼻からお願いしていた。

先生が鼻からカメラを入れていく。違和感かあるものの、そんなに苦しくてたまらない

というほどではない・・・・。

鼻の奥の意外とスムーズに入った。いよいよ喉の方にカメラがやってくる。

一番苦しいポイントにさしかかる

医者:「はい。一度ごっくんしてください」 

私:ゴクン

医者:「はい。上手ですね~。もう一番苦しいポイントは通りすぎましたよ。これから食道を通って、胃の中に入っていきます」

そんなにゲロゲロになるほど苦しくはなかったが、おなかの中からずーっと管が伸びていて

それが喉から鼻にとっているのだし、中で動くと当然鼻や喉の辺りも連動して動くから

気持ち悪いことこのうえない。

伏見稲荷の串刺しのスズメを思い出した・・・・・

串刺しとまではいかないが・・・その一歩手前までいったような気分である。


目の前に画面があり、自分の内臓がドアップで映し出される。

先生がゼリー状の薬や水を注入する。水で洗い流しながら見ていくと説明を受けた。

喉はカラカラに乾いているのに、水が直接胃の中に注ぎ込まれるというのは

干からびた体には嬉しいことかもしれないが・・・喉を潤すという喜びを感じられないのは

なんとも複雑である。

何度も水やゼリーや空気を注入される。

そのたびに胃はふくれていく。

昨夜の9時からの絶食でお腹はすき切っていたはずなのに、気分が悪いくらいお腹がいっぱいになる。


ようやく検査が終わり、カメラが抜き取られる。

管がずるずると胃・食道・喉・・・そして鼻を通って出ていく。

全部出た時の爽快感!!

あーーーー! やった!!

やっと体の違和感がなくなった。




胃カメラ・・・・・・ バリウムを飲むよりは楽だったと思うが、出来れば二度としたくない。

バリウムを飲むのだって、したくないし、あの時期が来るとたまらなく憂鬱になる。

早期発見・早期治療と婦長さんにいつも諭されるし

それも分かってはいるのだが、自分だけは病気とは無関係と思ってしまう。




この後は心も体も癒されるオアシスに直行した。

喉を通る水の美味しいこと。

この世で一番美味しいのは水かもしれない。
by sarah000329 | 2008-06-17 09:47 | 近頃の私
<< 京都で和食 町家 ご近所イタリアン >>