私の居場所

華やかな舞台の上で

スポットライトを浴びて歌う

初めての時のあの おののき 震え・・・・・ 



今でも なかなか慣れはしない

いつも 舞台に出る間際には

誰かに手を握って貰わないと 怖い


けれど・・・・・

今は、ひとたびその中に入ってしまえば

そこからは 歌手としての自分の世界が広がる

自分を伝えることしか私の中には存在しない




そして・・・ ステージを終え

アクセサリーを一つ一つはずし・・・・ 髪を下ろし

化粧を落とし・・・ 衣装を脱いで・・・ 

普段の自分に帰っていく中で




鏡の中に あなたの笑顔を見つける

私の目を見つめながら

「おめでとう」とささやく あなた・・・・・・・


あなたに抱きしめられる瞬間だけは

私が本当の私に戻る時なのだと思える
[PR]
by sarah000329 | 2001-08-15 23:51 | 歌詞
<< 鬼さんこちら D >>