人気ブログランキング |

<   2002年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「昔の歌」の練習が始まる。

「昔の歌」の練習が始まる。       2002/2/20

古いアルバムと一緒に見つけた  昔の歌
黄ばんですり切れよごれた楽譜よ 昔の歌
愛にあふれた懐かしいメロディー あの頃の二人

目に浮かぶピアノを前に あなたの笑顔が
あふれる若さと花束に満ちた  あの頃の二人

もう仕舞いましょう想い出とともに 昔の歌
色の少しあせた写真とともに    昔の歌
ララララララ・・・・・      あの頃の二人

破れた窓にうつ雨が まだ歌っている
遠い昔の見果てぬその夢  懐かしいあの歌


練習嫌いで、勉強不足の私は、シャンソンにどういう曲があるのか

ほとんど知らない。なんで歌を習っているのだろうと思うくらい 練習

はしない。勉強は嫌いの超劣等生だった。

しかし、なぜか高校時代に友人から「金子ゆかり」の銀巴里でのライ

ブのテープを借りて聞いていたので、その中に入っている曲はなん

となく覚えているのもあった。 その頃に聞いていた曲といえば、ロッ

ク,JAZZ,クロスオーバー等の軽めのものばかりだった。日本語の

歌詞のあるものよりもメロディーの美しい曲の方が好きだったが、不

思議と何度も聞いていると心に残る 曲・好きになる曲もあるもので、

自分に経験のない大人の愛を歌ったも のでも今までの恋愛に当て

はめて、切ない気持ちになった覚えがある。

いい歌というのはジャンルに関係なくに聞く人の心に響くものらしい。

シャンソンというのは本当に全体的に大人の歌で、金子ゆかりの「再

会」という曲などもそうだが、昔別れた恋人と偶然再会した女性 が彼

に「おひさしぶりね。あれからどうしていたの?」と呼び掛けて、 再会

を喜ぶ。しかし、彼にはすでに奥さんがいた。そして、話をするうちに

、彼の中に彼女への想いは少しも残っていない ことを知り、彼女は

今もまだ自分が傷ついているのを思い知らされる。 そして最後に一

言「今でもあなたを愛しているのよ」と、独り言のよう に呟く。歌はが

ーーっと歌い上げるものだという先入観があったから。歌うような、ま

るで相手がそこに実際にいて話しかけているような歌い 方というの

がとても新鮮だった。

今回の「昔の歌」も少し大人の愛の世界を歌ったものだ。

若い頃の恋人が作曲した歌の楽譜を偶然に見つけて、その頃の幸

せな想 い出にひたるが、ふとまた現実に引き戻される。しかし、また

何時の間 にか想い出の世界に戻ってしまう。 過去と現実の距離感

を表現するのがとても難しい歌だった。この歌も サビがあまりないと

いうか、盛り上がりがあまりないようなボーッとし たような歌に感じる

サビがはっきりしない事は決してないのだが当時はそんな風にしか

感じられなかった。感性が無かったのだろう。 他の生徒さんの歌は

、結構どれも華やかで歌い上げる感じの歌で、そんな歌がいいなぁ

~と心のどこかでいつも思っていた。

モチロン自分の実力は関係なしに。
by sarah000329 | 2002-02-20 14:40 | デビューするまで

嫌いな課題曲

「嫌いな課題」               2002/2/5

「夢の中に君がいる」はどうしても好きになれない。歌詞自体に共感

できないのだから、これはもう仕方ない。そうなると不思議なもので

メロディーを聞いても、何をしても体が「いやだ」と反応してしまう。そう

なると練習にならない。歌っていて自分がいやだと思うのだから、聞

いている方はきっともっと「いや」だろう。「ごめんなさい」と可愛く歌え

ない。私が歌うとその部分がどうしてもご詠歌のように聞こえる。もし

かして、私って実はとっても頑固な性格だったのだろうか?なぜ、

「ごめんなさい」と素直に可愛く言えないのだろう。その気持ちは先

生にも伝わったようで、

「はい。この課題はそろそろ終って、次の曲にいこうか。」と早々に切

り上げてくれた。

一安心!!
 
安心したのもつかの間で、先生が次の課題を探し始める。

「君には何がいいんかな・・・」

つぶやきながら先生が譜面を色々と探している。

あ・・・そうだった。イヤな課題は終っても、まだレッスンは続くんだ。

次にもらった課題は「昔の歌」という曲だった。今回も先生が、

「君も自分の楽譜がいるかな?」と聞いたが、まったく何もわかって

いない私は、「結構です。楽譜があっても譜面が読めないので」と、

その部分を軽く、軽く流してしまったのである。

(譜面というのは、各々が必ず持っている。本に載ってる楽譜のキー

が自分に合うとは限らないので、歌手は、自分の音域にあったもの

に書き直している。また、自分用にアレンジを加えてる人もいる。

スピードや表現方法なども、いつも同じピアニストに伴奏してもらえる

とは限らないので、譜面の中にわかりやすく指示をしておくのは大切

。自分だけのオリジナルの譜面は歌手にとっては宝物である。)今か

ら考えると、よくこんな事を言ってたなと自分でも恐ろしくなる。しかし

、これがどういう意味かわからないほどに、当時は本当に無知だった

。そんな私が今は人前で歌っているのだから、

人生はまったく何が起こるかわからない。
by sarah000329 | 2002-02-05 14:04 | デビューするまで

感情表現?

「感情表現?? 」             2002/2/1

第2回目のレッスンの日がやってきた。家で練習をしてくるように言

われたが、実はほとんどしていなかったので、とても気が重い。

なんだか、宿題をせずに学校にいった小学生の気分の再来である

先生「家で少し歌ってみた?」

私 「はぁ・・。あの少し。」(ほとんどしてないので、しどろもどろな答)

先生「じゃ、歌詞はある程度覚えたかな?」

私 「エ??歌詞って覚えるものなんですか?」(そんなん覚えんとあ
かんの?)

先生「歌詞見ながら歌ってる歌手は誰もおらんやろ?」

私 「はい・・。」(別に歌手になりたいとは思ってへんのやけどなぁ・・。)

先生「じゃ、歌ってみようか。」

と、いうことで2回目のレッスンが始まった。

「夢の中に君がいる」
ごめんなさい 少女の頃思い出してたの
そんなに 怖い顔して 怒らないで
あの頃 もう私は あなたを愛してた
それだから この歌を繰り返し歌うの
それだから 歌うのよ この歌をいつも
腰に両手をかけて そんな目をしないで
あなたこそ 私の 最後の恋人

探していた人は あなただったのよ
抱かれる時は 私も あなたのものよ
それでも 震えるわ 明日を想えば
やがては 終るのね 二人の恋も
やがては 終るのよ 夢のような恋も
腰に両手をかけて そんな目をしないで
あなたこそ 私の 最後の恋人
ランララー ラララ ラーララ
ラ・ララーラララ ラーララ
あなたこそ 私の 最後の恋人


歌詞の内容は上記のとおりである。何度か通して歌い音の間違いや

音から音への移動の仕方などを注意される。

そして、次に先生が言った一言が、私の脳にとてつもないショックを

与えた。

先生「君ね、カラオケじゃないんだからもっと感情込めて歌えない?ただ、きれいに歌うだけじゃなくて。」

私 「え・・・??」(感情込める?? 感情???)

先生 「歌詞があるでしょ。もっとよく読んで、その感情に自分が浸れないと。まず、出だしの『ごめんなさい』っていう言葉もそんなに、ただ、ぶっきらぼうに『ごめんなさい』ってメロディーに載せて歌うだけじゃなくて、本当に彼にむかって女性が優しく『ごめんなさい』と言っているように歌ってください。それと、2番の『私もあなたのものよ』ってところも恋してる女性が、恋人に向かって『あなたのものよ』と言ってるんやからね。で、一転してそんなステキな恋も『やがては終るのよ』という言葉に結びつけること。」

先生が何を言っているのかは解る。どうしろと言っているのかは解る。

でも、解らないのはどうしたらそんな風に歌えるのかなのだ。

それからは延々「ごめんなさい」というセリフを何度も言わされた。

やっと、OKが出たので、伴奏つきで歌うと、またダメ!メロディーを

ちゃんと歌おうとするあまり、感情が全然こもっていないと言われた

ついに、先生が歌ってくれたが、先生が歌ってくれると、こんなステ

キな歌なのかと思うほど、曲の表情が変化する。聞いてその違いは

解るが、やってみろと言われると出来ない。

30分間のレッスン時間は、またまたあっという間に終った。

帰る道々、レッスン中のテープを聞きながら、ひたすら自己嫌悪に

陥ったのは言うまでもない。でも、歌詞の内容自体が私には理解で

きない。と、いうか、致命的な事がひとつ。この歌詞の内容の気持ち

になれないのである。この歌詞の展開が私には理解できない。こん

な気持ちになったことがない。ごめんなさいから、あなたを愛していた

からこの歌を歌うの。そして、腰に両手をかけて そんな目をしないで

への流れ。2番の流れも・・。同様に「なんで、少女の頃を思い出して

いるだけなのに謝らなくてはいけないの?なんで、彼は腰に両手を

かけてそんな眼をしてるの?そんな目ってどんな目?しかもそんな

盛り上がりもなく、いつかは終るのねって・・・。

なんでやねん???」

こうなるともう人生口論の世界である。歌詞にいちいちイチャモンを

つけている自分が情けない。これはどうも、理解できないというよりは

、好きになれない歌なのだ。好きになれないのに感情なんて込めら

れない。一番初めに習う歌が好きになれないなんて不幸だ!!

ため息とともに 家路を急ぐ。
by sarah000329 | 2002-02-01 12:49 | デビューするまで